ホテルオークラ JRハウステンボス

Hotel Okura JR HUIS TEN BOSCH ホテルオークラ JRハウステンボス

テキスト


     
宿泊者の貸金庫利用については、本規定を適用するものとします。

     
貸金庫利用用契約の性質は、当ホテルによって指定された特定の貸金庫(以下「貸金庫」という)の使用貸借であって、
貸金庫を利用する宿泊者(以下「利用客」という)が貸金庫に格納しようとする物についてその保管を約するものではありません。
また、当ホテルは貸金庫内の格納物についての一切の損害について責任を負いません。

     
貸金庫の利用期間は、利用客が宿泊登録後貸金庫の利用を申し込んだときからチェックアウトのときまでとします。

   
貸金庫には次に掲げるものを格納することが出来ます。

(1)

貸金庫には次に掲げるものを格納することが出来ます。
  ①現金
  ②株券その他の証券
  ③預金通帳、契約書その他の重要書類
  ④宝石その他の貴重品
  ⑤前名号に掲げるものに準ずる物
(2) 当ホテルは前項に掲げる物であっても、正当な理由があるときは、格納をお断りすることがあります。

     
貸金庫の鍵2個のうち、正鍵は当ホテルが利用客に渡して同人が利用期間中これを保管し、副鍵は当ホテルが保管するものとします。

   
(1) 貸金庫の開閉は、利用客が当ホテル係員にその都度申し出たうえ、正鍵を同係員に渡し、同係員が正副両鍵を使用して行うものとします。

(2)

格納庫の出し入れは、当ホテルの定める場所(フロント会計)で行います。

   
当ホテルが利用客に渡した正鍵と外観上同一認められる鍵を掲示した者の申し出によって貸金庫の開聞が行われた場合は、申し出を行った者が
貸金庫の利用申込みをした本人でない場合でも、または使用された鍵が当ホテルの提供した正鍵でなかった場合でも、当ホテルは免責されるものとします。

   
(1) 正鍵を紛失し、または毀損した場合、当ホテルの係員に直ちに申し出てください。

 

貸金庫の開閉は当ホテルの係員またはその指定する者によって貸金庫の錠前の破壊など貸金庫に損傷を与える方法でなされる場合があります。
(2) 正鍵を紛失し、または毀損した場合には、貸金庫の開閉のために生じた賃金庫の損傷の回復に要する費用並びに錠前の取替えまたは鍵の作成に
  要する費用を申し受けます。また、この場合、当ホテルは、貸金庫の区画を変更する事ができます。

(3)

紛失した正鍵の使用によって生じた損害について、当ホテルは一切責任を負いません。

   
(1) 利用期間が満了したとき、または貸金庫を使用する必要がなくなったときは、利用客は直ちに貸金庫を当ホテルに明り渡すと共に、正鍵を返却してください。
(2) 利用客が貸金庫を明け渡さないで当ホテルを出発した場合、その6日後経過してなお明け渡しがなされないときは、当ホテルは、当ホテルが相当と認める
  方法で貸金庫を開き、格納庫を別途管理し、または利用客がその所有権を放棄したものとみなしてこれを任意の方法、価格で売却し、売却が困難な場合には

 

廃棄することが出来るものとし、利用客は当ホテルが行うこれらの処分について一切異議を述べないものとします。
(3) 前項の処分に要する費用(貸金庫を開く際に公証人その他の者の立会いを求めたときはその費用を含む)は、利用客の負担とします。

     
賃金庫の修繕その他やむを得ない事情により、当ホテルが明け渡しまたは区画変更を求めたときは、利用客は直ちにこれに応じてください。

     
法令の定めるところにより貸金庫の開庫を求められたとき、または火災や格納品が当ホテルに損害を及ぼす等緊急の場合には、当ホテルは、当ホテルが
相当と認める方法で貸金庫を聞き、その最良で適切な措置をとることができます。このために利用者に生じた損害について、当ホテルは一切責任を負いません。

   
(1) 火災、地震その他当ホテルの責めによらない事由により、貸金庫の開庫に応じられなかったために生じた損害、およびこれらの事由による

 

格納品の滅失、変質などの損害について、当ホテルは責任を負いません。
(2) 利用客の格納に起因して当ホテルまたは第三者が損害を受けたときは、利用客は、その損害を賠償しなければなりません。